デブオヤジに痴漢され…

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
女子高生の私は、学校の帰り、電車に乗っていた。
帰宅のラッシュの時間と被ってしまい、サラリーマン独自の匂いが充満する満員電車の中、車両の隅に押され圧迫感に耐えていた。
すると…堅い物が私のお尻をくいくいと押し上げている。
お尻に当たる形からして、それはサラリーマンの持っているカバンのようだった。
こんなにぎゅうぎゅうなんだから仕方ない…と思っていたのですが、そのカバンの押しつけ方は段々強くなり、私のお尻の割れ目をぐりぐりと刺激してくるのです。
私はたまらず体をよじりました。
すると、カバンが離れると同時に私は思い切り壁に押し付けられたのです。
ハァハァ…
男の荒い息づかいが聞こえます。私ははっきり痴漢だと思いましたが、身動きができません。私の背中を押さえつけるお腹はぶよぶよしていて、デブオヤジみたいです。
「ああん…いやぁ」
太い指が私の両胸を鷲掴みにしました。ブラウスの上から乱暴にこねまわされ、握られ、その力強い刺激にたまらず腰をくねらせました。それを見て調子に乗ったのか、痴漢は胸を揉みながらも、ミニスカートを捲り上げ、お尻の割れ目から私のおま○こを撫でてきます。優しくではなく、強くぐりぐりとパンティを押し込むように私のおま○こを擦ります。それが気持ちよくて、私は濡れてしまいました。
「あひっ…あ…ひゃん」
いやらしい声が漏れてしまいます。耳元にかかる息が気持ち悪いのに、もっとおま○こをいじめて欲しくて、お尻を突き出しました
「積極的だね…」
「あひぃぃ…」
男は私のパンティを引きちぎり、その太い指を二本私のおま○こに突き刺しました。
電車のガタンゴトンという音にまじり、おま○こを乱暴にかき回される音が響きます。
ぐちゅんっ、ぴちゅぴちゅ…ぐっちょぐっちょ
おま○こはもうお漏らしのように蜜がしたたり、私は恥ずかしくてたまりませんでした。男は指を増やし、容赦なくおま○こを突き刺します
びちょっ、びちょっ…ちゃぐちゃぐぶちょっ
「ひぃんっ、あんっ、あぁぁあ…」
太ももをおま○こ汁が流れていくのを感じます。
男は私の胸を激しく揉みながら、まるで泡立てるようにおま○こをホイップしました。
ジュボジュボジュボジュボ!!!!!
「あぁぁうん…きゃひっ!!」
私はついにドピュドピュと潮を噴きました。
「いやらしい女だ…次の駅で降りなさい」
動けない私を抱え、男はやがて止まった駅に降り、障害者用の広いトイレに私を放り込みました。
----------------
<< <[*] 1 2 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロ&即ヌキのAV動画
即ダウンロード⇒登録無料
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル