温泉セックス

[スポンサーPR]
私のパンティ

はじめました。
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
俺は、高校2年の賢一。
夏休みの、補習の合間に、家族と温泉旅行に行った。
家を出て、高速道路を使って、三時間半かかって、ホテルに到着した。
部屋について、荷物をおろし、ゆっくりと家族三人くつろいだ。
そんな時、携帯の着信メロディが鳴った。
メールを開けて見ると、同級生の梨華からだった。
『賢一、ごめんねぇ〜。今日、親と旅行に出かけてるの、また今度、デート行こう!』
そのメールを見て、俺はしまったと思い、すぐ梨華に電話した。
「こっちこそ、ごめんな。連絡するの忘れてた、俺も、親と旅行に出かけているんだ。」
「ううん、気にしないで!!!(笑)大丈夫だよ。お互いに、旅行終わったら、デート行こう!それから・・・・、ま、い、いいや。また、」
そう言って、電話はキレた。
俺は、一安心して食事に向かった。
食事はかなり多く、満腹になり、俺は、部屋に帰り、浴衣に着替え、風呂の準備をして、横になった。
いつのまにか、うとうとしていた。
時計を見ると、夜10時になっていた。
10時から露天風呂が使えるのだ。
俺は、一目散に露天風呂に行った。
両親と途中であったから、部屋の鍵を渡した。
風呂に着くと、いい感じにすいていた。
露天風呂も誰もいなかったので服を脱いで、入った。
満月が、きれいだった。
しかし、俺はあることに気付いた。確か混浴だったのだ。
しかし、来てもバスタオル着けてくるだろと思い、自分もいざとなれば、隠せばいいと思ったのだ。
その時ガラガラと、ドアの開く音が。
「すみません、入りますね。」
かわいい声にドキッとして、ザバァっとうっかり立ち上がった、すると、
「きやぁ!!!」
相手も、バスタオルを落としてしまった。
そして、二人はびっくりと、した表情で見つめあった。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル