〜嬲〜

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
夕暮れ、私はいつものように保健室の片付けをしていた。
引き出しの中の常備薬を確認してから、ベッドのシーツを取り替える。西日が眩しい。
…そろそろ帰るか。
そんな風に思って自分の荷物をまとめだしたとき、1人の生徒が保健室に駆け込んできた。
「先生!大変だ!すぐ来てくれよ!!」
扉を開けるなり、その男子生徒は私にそう叫んだ。
「体育倉庫に…!!」
私が返事をする間もなく、その生徒はそう言って駆け出した。
私は大慌てで救急箱を手に持ち、後を追う。
…何か事故でもあったのかしら…。
嫌な創造が頭をよぎる。
息を切らしながら体育倉庫に駆け込むと、1人の生徒がぐったりと倒れ込んでいた。
その周りを3人の生徒が取り囲んでいる。
「どいて!…何があったの!?」
私は生徒に駆け寄り、呼吸を確認する。
…息、してる。
「あなたたち、ここで何を…きゃ!!?」
突然、私の視界が回転して、私の体は床に押さえつけられた。
…ちょ…何!?
私が混乱して辺りを見回すと、さっきまで倒れていた生徒がにやっとこちらを見て笑うと、何事も無かったように立ち上がった。
「ちょっと…あなたたち!何の冗談よ!やめなさい!!」
私の声が倉庫の中に響く。
生徒達は私を見下ろしてにやにやとした笑いを浮かべるだけだった…。
「へへ…へへへ…。先生ぇ、いい格好だな」
私は彼のズボンの股間部分が膨らんでいるのを見て、全てを悟った。
…犯される…!!いくら相手が高校生だとはいえ、もう体はすっかり大人だ。
抵抗しても男3人に押さえて付けられて殆ど身動きも取れない。
「馬鹿なことはやめなさい!…こんな事して、どうなるかわかってるの!?」
私にはもう言葉で反論するしかない。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル