幼なじみの女のコ

[スポンサーPR]
最高気持ちよい

亀頭ちゅぱちゅぱ
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
俺は高校から大学にあがる時に浪人をした。
高校1年から付き合っていた幼なじみの彼女とも別れ孤独な生活を送っていた。
彼女と別れた理由は忘れたが確か俺から彼女を振ったのだった。
高校時代、俺と彼女は会えば必ずという程Hをしていた。
ラブホテルにいったり、アオカンをしたり、沢山Hをした。
それが浪人中は毎日が勉強である。
大学生の元カノからは
『息抜きしないとためだよ!たまには遊ぼうよ』
とメールが来るが俺はその誘いを毎回断っていた。
そんな辛い一年も終わり俺も無事に大学生になることができた。
大学になって最初の夏休みが始まった頃、長い間、音沙汰も無かった元カノからのメール、
『大学に受かったのなら教えてくれれば良かったのに!バカチン!』
相変わらず付き合っていた時と同じような馴れ馴れしいメールである。
なんだかんだで二人で遊びに行く約束をした。
約束日の当日、車の免許を持っていない俺は彼女に家の近く迎えに来てもらった。
彼女と会うのはもう一年半ぶりになる。
俺は少し緊張して助手席に乗り込む。
彼女は馴れ馴れしく
「久しぶり〜!」
と声をかけてくる。
俺は少し戸惑いながら
「おぅ!」
と声をかける。
すらりと伸びた足のラインが強調されたジーパン、白いタンクトップ、こんがりと焼けた素肌、無意識のうちにふっくらと膨らん胸の谷間に目線がいってしまう。
高校生の時のような子供っぽさは消えて二十歳の大人の女って感じだ。
「どこか行きたいところある?」
彼女がオレに尋ねてくる。
オレは
「別に〜」
と答える。
「じゃあ少しドライブしょうか!」
と言いながら彼女は車を発進させた。
----------------
<< <[*] 1 2 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル