逃げられない女

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
ここはほの暗い牢屋…。
ミュウという女が捕まっていた。
彼女は両手を縛られ両足を広げられ固定されていた。
そこへ一人の男が…。
「いい眺めだ。ミュウ、おまえに最高のプレゼントをあげよう。」
と、一つのリングを差し出した。
そう、ミュウはこの男に監禁されていた…。
「お願いです。お家に帰して下さい。」泣き顔で震えながらミュウは男に頼み込む。
だが、男はその言葉に聞く耳をもたない…
「このリングはとても素晴らしいリングなんだ。ミュウの喜ぶ顔が見たくて私が開発したのだよ」
と、そのリングをはめる…。ただ、指にではなく、ミュウのク○ト○スに…。
「いやっ、やめてぇぇ!!」
突然、リングがまばゆい光を放つ…。そしてミュウのク○ト○スにぴったりと吸着してしまった。
「…っっ!」
突然、激しい快感がミュウを襲った。それはまさに味わった事のない快感。
「あっ!、いゃああ…んっ!外し…てぇぇ!お願い…しますっっ!んっ、あぁぁ…っ!!」
男は、満面の笑みで
「素晴らしい…!ミュウ。最高に綺麗だ…!」
男が興奮したその時、体から触手が伸びた…。
「ひっ…!」
ミュウはその恐ろしい姿に驚く。
そして触手がミュウの体を容赦なく襲う…。
「ミュウ…。私の体は醜いか…?しかしいずれおまえはこの体の虜になるのだ…!!」
乳首…乳房…二の腕…太もも…ドロリとした触手がいやらしく這いずり廻る…
「この触手の粘膜には感度を倍増させる効果もあるのだよ…どうだ?最高だろう…?」
「イク…っ!イクぅっ…」
声にならないミュウ…。さっきから既に何度イッただろう…。
そして触手が束になりぬぷぬぷとミュウの穴へ奪いあうように出入りする。
「あっ、あっ、気持ちいっ…いいっ!!はっ、んっ、いやっ…イクぅ…ぅんっ」
ミュウは快感に溺れていた…。
(つづく)


[Y箸]
この作品の著作権は「Y」さんのものです。
----------------
<< <[*] 1 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル