突然…

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

あの恵比寿マスカッツ在籍
人気AV女優の大量エロ動画
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
僕の名前は、一郎。
中学3年だ。
僕には、彼女がいる。
名前は、絵里、なかなかかわいい。
絵里は、いそがしくてメールのやりとりはそんなに続かない。
送っても返ってこないときが多かった。
絵里のほうからメールしてくるのは、めったにない。
僕は、絵里のことが嫌いになったわけではないけど返信がこないからだんだんと絵里のことを好きではなくなっていった。
ある日、突然受信メールが来ていた。
絵里からだった。
内容は、今日の夜に会いたいだった。
僕は、いいよと返信し、夜になり待ち合わせ場所にいった。
そこには先に絵里がいた。
ごめん絵里遅れて。
いいよッ。それにきてくれてありがとう。
僕は、絵里にさっそくなんで呼び出したのかをきいた。
絵里こんな時間にどうしたの?絵里はそんな時間がなくてたまには一郎に会わないと嫌われるからだといっていた。
僕は、正直におれ絵里のことがあまり好きじゃないんだけど。
別れてもいい?といってしまった。
絵里は理由を聞かずごめんと一言いって泣きながら家の方に走り去ってしまった。
僕は、追いかけた。
絵里と呼んだが絵里は無視した。
僕は絵里の前まで走っていって聞いてくれといった。
絵里も少し我にかえり僕の話をきいてくれた。
ごめん絵里、絵里はメール送っても返ってこないときがあっておれのことを嫌いなのかと思ってたんだ。
でも絵里は、おれのことを考えてたし本当にごめん。
一回ふったおれをもう一回すきになるわけないよなといい、最後に本当にごめんといい、一郎は走っていった。
でも絵里が一郎と呼んだ。
僕は振り返り何?そうかと自分で考え殴ってくれといった。
僕は目をつぶっていたが絵里は殴りなんかせず僕にキスをしてきた。
----------------
<< <[*] 1 2 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル