出会い

[スポンサーPR]
私のパンティ

はじめました。
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
私は、いつものように職場から家に帰るために電車に乗った。
電車の中には、誰も居なく毎日の日課になっている読書をはじめた。
次の駅に到着すると高校生くらいの地味な少年が乗ってきた。
私は、また読書をはじめた。
しばらくすると私は、視線を感じた。
ふと前をみるとさっきの少年がこっちをチラチラ見ていた。
どうやら私の胸元をみてるようだった。
見るからに童貞そうな少年は、私の胸元を見ながら物欲しそうな顔をしていた。
私は、面白くなり足を少し開きみせつけた。
しばらくして私は、電車を下りた。
私は、家に向かって夜道を歩いていた。
歩いていると後ろから後をつけるように足音が聞えた。
足音が段々近付いてきて声をかけられた。
『あの…童貞もらってください!』
さっきの少年だった。
私は、びっくりして…しばらく時間がたった。
私は、『うん…イイょ』と、言ってしまった。
少年を私の家に連れてくると少年ゎジッと私を見ていました。
そんな顔しなくてもイイのよ?可愛いのね?笑
少年は、恥ずかしい顔を必死に隠していた。
私は、少年にマズゎどんな事してほしいのかな?と訪ねた。
少年は、フェラをお願いしてもイイですか?と、ゆってきた。
フェラね!任せてよ!
私は、フェラを始めた。
おチンチン大きいのね?美味しいわよ。
『プジュ プル グッッッ プジュ ジュポ』
気持ちぃぃ‥行きます…あぁ…
『どぴゅゅんゅ』
少年は、いったようだった。
気持ち良かったでしょ?次は、私の番よ
。気持ち良くさせてね♪

つづく

[りゅう箸]
この作品の著作権は「りゅう」さんのものです。
----------------
<< <[*] 1 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル