〜再婚〜

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロ&即ヌキのAV動画
即ダウンロード⇒登録無料
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
父親が再婚した。
母親が病気で他界してからもう5年、父もまだ40代で若い方だ。
父親は仕事に忙しい人だった。なので昔から自分の世話を自分で見ると言うことにかけては割と出来ない方で、面倒見の良い母が亡くなってから家の中の事はずっと自分がやってきた。
その父がこの間食事の際にちょっと照れながら、
「祐司、父さん、結婚してもいいか?」
などと突拍子も無い事を言うものだから、口の中の物をちょっと噴出すくらい驚いたけど、父親の世話をする人が家に来れば自分も楽になるだろうと、その件に関しては承諾した。
問題はその後に発生した。
後日その女性と顔合わせの食事会をしようと父親の方から申し出があったので、もちろん断る理由も無く承諾し、その後予約したレストランに多少緊張しながらも向かった。
「安藤…は旧姓だな…、えーと、和花さんだ。」
紹介されてお辞儀をされたので脊髄反射でお辞儀をし返す。日本人の習性だろうか。
「あの…父さん…、ちょっと若すぎないか…?」
紹介されて祐司は、流石に驚いたと言うか、もうその辺は超越していたかもしれないくらい困惑していた。
「会社の出先で知り合ったんだけどな、飲み会で話をしているうちに意気投合してそれから付き合い始めたんだが、波長が合うと言うか、こんな俺でも良いって言うもんだからな、それで結婚を申し込んだんだよ。」
「いや、それは良いんだけどさ…俺と同じ年じゃん…。」
ちらりと新しい母親(…と言っても同じ歳だが)になる女性の方を見た。
「祐司君、これから祐介さんのパートナーとして頑張っていくから、よろしくお願いします。」
深々と頭を下げられて思わず、
「あ…はい…よろしくお願いします…。」
と釣られて頭を下げてしまった。
「良し、これで顔合わせは済んだな。祐司も今回の結婚に関しては反対意見は無かったようだし、これから親子3人力を合わせて生きて行こうじゃないか。」
「はい、よろしくお願いします。」
「は…ぁ…よろしく…。」
次の日、バイトが休みで家でゴロゴロしていると玄関のチャイムが鳴った。
「は〜いはいはいはいっと。」
読んでいた漫画雑誌を傍らに放り投げて玄関へ向かうと、玄関先には和花が居た。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル