同窓会

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
俺は集まり事が好きでは無かったので、同窓会とかは、出なかった。
俺も35に成って、結婚を考えて居た時に、
友達から電話で、今度の同窓会は、必ず出て来れと、頼まれて、出席した。
今年の同窓会は小学と中学のを一緒にした同窓会で、ほぼ全員が出席していた。
酒も入り、何やら話題が俺の話しになり当時好きだった人を隣に座らせて、
「彼女も今は独身だから、元々、お互い本当は好きだったんだし、結婚しちゃえよ。」
友達に冷やかされて、しばし、その話しで盛り上がってしまい、会場の席で、キスをする填めになった。
彼女は、当時のまま、スタイルも良く、
「彼女は独身じゃないのよ、×イチで、娘も居るのだから。」
っと、言って、照れながら、俺とキスをした。
その場は何とか収まり、話しの話題も他に移って、彼女が、
「良ければ、この後、二人きりで、お話しをしませんか。」
と言ってきて、俺は、
「良いですよ。近くに、顔馴染みの飲み屋に行きましょう。」
言って、その場は分かれた。
一次会が終わり、二次会に行く連中は、サッサと行き、外で待って居ると、彼女が出て来た。
俺達は飲み屋に入り、改めて、久しぶりの同窓に挨拶して、お酒を飲んだ。
彼女は一口でアカラミ、彼女から、言い出して来て、
「なぜ、同窓会に来ないの。結婚相手は居るの。」
とか、喋り出して、彼女は完全に酔っぱらってしまい、最後には、
「アタシを抱いて。好きなら、抱いて。」
っと、言い出してしまい、俺も、彼女の事は、好きだったので、ホテルに連れて行き、服を脱がし下着姿にして、寝かせた。
1時間位して、彼女は目を覚まし、
「さっき言った事、本気よ。」
と言って、下着を脱いで、裸になった。
彼女は胸は大きく、淫毛は薄くて、プロポーションも良く、見た目とても子持には、見え無い。
彼女を抱き寄せ、キスをすると、彼女から舌を入れてきて、セックスを始めた。
彼女は敏感で感じ易く、体を舐めて居るだけで、逝きそうになり、彼女からねだってきて、入れると、とても狭く、彼女も少し痛がったが、それも直ぐに無くなったみたいで、あえぎ声を上げて、俺の長く、繋がって居たかったので、腰の振りをゆっくり動かしたり、速くしたりして、堪能していた。
彼女は逝く時に、俺に抱き付いて逝き、そのまま離さなかった。
----------------
<< <[*] 1 2 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロ&即ヌキのAV動画
即ダウンロード⇒登録無料
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル