見知らぬ女

[スポンサーPR]
最高気持ちよい

亀頭ちゅぱちゅぱ
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
深い眠りから目覚めようとした時だった

「…もしもーし、おーい、起きて…起きてよ。」
人が気持ち良く寝てる時に………??…誰の声?……カバッと起き上がると隣に居るのは…誰?

「ちょっと、どういう事?起きてみたら素っ裸だし隣には見ず知らないおたくが寝てるし…。ちょっと、なにジロジロ見てるの?まさか?何も覚えていないの?」
昨日の夜…同僚の昇進祝いがあって二次会までは皆と一緒に居たがその後は馴染みのバーに行った。
昨日はどうも酔いたい気分だったので普段はバーボンのシングルの水割りしか飲まないのだが昨日はバーボンのロックをあおっていた。
そんな時向こうの方に泣いていたこの娘を見つけ、人見知りな俺が声を掛けた。

「どうしたの?失恋でもしたのかい?」
自分でもビックリするぐらいすんなり声を掛けれた。

「グスン…ウッ…ウッ…いいえ…実は…。」
話しを聞くと十年飼っていた犬が年老いて死んでしまったと言う。

「それは…ご愁傷様…でも…落ち込んでても始まらない。…さあ…涙を拭いて…。」
とここ迄は覚えているがその後の事は覚えていない。
もちろん…ヤッたかどうかも…。
…名前は…確か…?
そうだ!美月…だと思ったなぁ
美月
「覚えていないとは言えこんな恰好してるという事はヤッたんでしょ?えぇ?責任とってよ!」

「責任って…どういう風に…?」
美月
「こういう風によ!」美月は俺の布団を引っぱがすと朝立ちしてる俺のイチモツをくわえしゃぶりだした。
----------------
<< <[*] 1 2 3 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル