途中まで…

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロ&即ヌキのAV動画
即ダウンロード⇒登録無料
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
僕は高校@年の時、初めて彼女が出来た。
きっかけは、学校祭の作業で僕と彼女は同じグループになって行動してて、話すようになったからである。
話してくうちに彼女に惹かれ、大好きになっていた。
そして付き合うようになり、半年以上たってから、初めて僕の家で遊んだ。
家で遊ぶのが初めてだった僕は、何をしてイイかわからず、ただ彼女と話をしていた。
そして帰る時間が近付くと、僕は次第にキスをしたくなり、彼女をじっと見つめ、彼女にキスをした。
半年以上たっても、ろくにキスとかしなかったので、お互いぎこちないキスだった。
でも僕の家で遊んだ事により、家で遊ぶ事がちょっとずつ増えていった。
それからと言うものの、学校が終わってはよく彼女の家で遊んだ。
家で遊んでいると、彼女が甘えてくるようにもなった。
そんな関係が続いた頃、いつものように学校が終わって、家で遊んでたある日の事。
その時僕は仰向けになって寝てたら、彼女が急に僕の上に乗っかって、キスをしてきた。僕はいつものように、
『甘えたがりだなァ』
と思い、彼女を抱きしめた。
僕は寝たまま下で、彼女が僕の上に乗っている状態。
お互い黙ったまま抱き合っている。
この時なぜか、
『これなら手を伸ばせば、すぐスカートの中まで手が届いちゃうな…』
と考えていた。
最初は、
『そんな事しちゃいけない!!彼女を傷つける事になるかもしれないし、嫌われるかもしれない…』
と考えてたケド、性欲に負け、僕は手を彼女のスカートの中に入れてしまった。
初めてだった為、すごいドキAした。
『あっ…やっちゃった…』
と思ったが、彼女は何も言わなかった。
『あれ??何で何も言わないんだろ…ビックリしないのかな』
と考えてたが、緊張しすぎてそんな考えはすぐ消えた。
最初は手でおしりや脚を触っていたが、だんだん性欲が湧き、彼女のパンツの中に指を入れた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
私のパンティ

はじめました。
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル