お屋敷のメイドvol.2

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
私はアキラの部屋を担当してから、1週間が経った。
「はァ…ここ最近、御主人様にお呼び出しれされないんですケド、何かあったのかなァ…」私は夕香に相談した。
「あァ。きっと今は仕事で忙しいか、原稿書いてるかのどっちかよきっと」
「原稿??御主人様は本を出版されてるんですか??」
「知らなかったの雫!?アキラ様は数々の本を出版してるんだよ!?そして多くの本は、ベストセラーとなってるんだよォ!?」
「そうなんだァ。私知らなかった」
「雫もまだまだアキラ様の勉強が足りないね〜」
「勉強って…」
「御主人様の事を把握するのは、アタシ達メイドとして当たり前の事でしょ??」
「うッ…うん。そォだね」
私は夕香にいろいろと教えてもらった。
そして次の日、やっとアキラからお呼び出しがかかった。
「……あッ、聞こえる…御主人様が呼んでる!!」
私は走り出すと
「あッ、そうだ。落ち着いて…慌てなくてイイんだ。走らないで、ゆっくり歩いて」
私は深く息を吸って深呼吸した。
「よし、行くぞ!!」私はアキラの部屋に向かう。
「失礼します、御主人様。どうされました??」
「ちょっと部屋の掃除頼むよ。疲れたから寝るね。寝てる間に終わらせといて」
「かしこまりました、御主人様」
アキラは自分のベットに倒れ眠ってしまった。
「ついに私の本業か…よし!!気合い入れなきゃ!!」
私は部屋の掃除に取り掛かった。アキラを起こさないように、静かに掃除をする。
「よし、最後は机だ」
私は机の掃除に取り掛かろうとすると、アキラの机を見てビックリした。
「すごい…紙で机の上がグシャグシャ…。しかも、机の周りにはクシャクシャに丸め込まれた紙が何個も落ちてるし…これじゃあ作家だ…」
私はアキラの机を見て驚愕した。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル