チカン

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
通学のために毎日電車に乗る。
その電車は毎日通学のために学生がたくさんのっている。
地方だから昼間は人が乗ってないこともあるが朝は違う。
まるで都会の満員電車かのような状態で身動きが取れないような状態なのである。
そしてチカンをするにあたって好都合なのがほとんどの人が途中の駅でおりず終点からその二つまえの駅でしかおりないのである。
終点までは40分ぐらいである。
ある日俺は一人の女の子の背に向くように電車に乗った。
いつも通り駅員が乗客を押し込む。
何人かは悲鳴をあげながら電車にのる。
そして俺はその流れにのり前の女の子を押す。
そのときちょうど俺のアソコが女の子のお尻に当たるように押した。
そのときはまだ気付かれてはいなかった…女の子のお尻のわれめがはっきりとわかる。
だんだん興奮してきた。
俺はアソコをわれめにそってすこし動かしてみた。
アソコがだんだん大きくなってくる。
そのとき女の子は一瞬振り向き目があってしまった。
しかし身動きが取れない電車の中ではどうすることもできない…俺は大きくなったあそこを強く押し込んだ。
その瞬間ちょうどわれめと足の付け根らへんとの間にうまくフィットした。
そして俺はアソコを縦にできるだけ動かした。
まだ童貞だった俺にはかなり興奮した。
女の子の身体は震えている。
そして吊り革に捕まって立っているのが精一杯のようであった。
回りの人達は俺に背を向けていたので誰も気付かない。
女の子は嫌がっているようだか悲鳴をあげたりする様子はない。
しばらくの間俺はアソコを動かし続けた。
女の子は足を内股のようにし耐えている。
感じているようだ。
俺はただ耐えているだけの女の子を見てさらに興奮した。
俺は回りにバレないようにズボンのチャックをあけようとしたが朝からズボンのチャックは開いていたみたいで既に開いていた。
----------------
<< <[*] 1 2 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロ&即ヌキのAV動画
即ダウンロード⇒登録無料
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル