ブラックリスト入りの女性をオトせ!

[スポンサーPR]
最高気持ちよい

亀頭ちゅぱちゅぱ
----------------
アダルト動画サイト エロミル > エロミルニュース > 男女エロニュース > 詳細
----------------
ドイツにある某一流銀行の男性支店長(31)はその日、融資の申し込みに訪れた女性にきっぱりと、「ご期待には沿えません」と答えなければならなかった。何しろ女性は失業中。しかも、彼女の信用情報を取り寄せたところ、思わしくない履歴がずらり。つまり、ブラックリストに載っているのだ。これではお金を貸しても、不良債権化するのは目に見えている。

ところが、家族持ちの支店長にとって、「なんとか融資を」と迫るその女性の姿は、あまりにも下半身を充血させるものだった。「ここで彼女を助けないようでは男がすたる」と鼻の下を延ばした支店長は、「よし分かった。お金は私がなんとか用立てましょう。その代わり…分かってますね」と、カラダの関係を見返りに、個人的にお金を貸すことを決めたのだった。

「まだ大丈夫、まだ大丈夫…」。3年間にわたって女性に「個人的に」融資を続けた支店長。相手は信用情報のブラックリストに載っている女性だけに、返済は滞っている。貸した金が焦げ付くのは火を見るより明らか。その上、こともあろうに、支店長との情事を知った女性の親族を名乗る人物から、「不正を家族や銀行にばらすぞ」と口止め料を要求されだしたのだ。

支店長が勤務先銀行から不正に引き出した額は、3年間で合計52万ユーロ(約8600万円)にも上った。もはや支店長個人で処理できる金額ではない。そうこうしているうちに、資金の流れに不信感を抱いた銀行側によって、横領の事実が発覚。刑事裁判の被告となった支店長は、3年9カ月の禁固刑が科された。世界的通信社ロイターがこのほど報じた。

ロイター電では、女性の年齢など個人情報には一切触れられていない。また、支店長の反省の弁なども掲載されていない。しかし、着服した52万ユーロのうち、女性に直接手渡したのは7万ユーロに過ぎない。それ以外に4万ユーロをちゃっかり「自分用」に着服したが、残る大半は、女性の「親族」から脅し取られた模様。「親族」がしゃしゃり出なければ完全犯罪となったと見るか、女性と「親族」がグルだったと見るか。

金利の低迷などで国内でも金融機関による貸し渋りや、無理な取り立てをする貸し剥(はが)がしが横行している。色仕掛けで融資を迫る顧客や、融資の条件に「大人のつき合い」を突きつける不届きな担当者もいるはず。そんな新たな「出会いの場」を無視する筋合いはない。全国津々浦々に設置されている、消費者金融の無人契約機周辺は、札束をちらつかせてブラックリスト入り女性をオトすための、ナンパスポットになる…かも…。

>>男女エロニュース
----------------
AV業界プレスリリース| 芸能ニュース| 時事ニュース| 男女エロニュース
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル