悪食ヒガシ、内山との恋の行く末は?

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > エロミルニュース > 芸能ニュース > 詳細
----------------
「人生2度結婚説」をご存知か?
大脳生理学者にして作家の林髞(たかし)氏(1897−1969)が唱えた由緒ある学説で、たとえばヒトは25歳になったら男女ともすべからく結婚すべきだが、相手は50歳とする、というもの。25歳の男は50歳の姉さん女房をもらう。25歳の女性は、50歳のおっさんの所に嫁ぐ。

そして自分が50歳になったら、晴れて今度は、ピチピチの25歳と再婚できる、というワケ。同い年同士は結婚できない。でもこれで、介護といった社会の諸問題は解決できるし、何より男女とも人生に希望が見えてくる、と林先生は指摘する。自分の倍の年齢の相手と結婚して苦労したり、半面、イロイロなことを学べば、50歳になって「いい思い」ができるというのだ。

忘れてはならないが、25歳で初めて結婚した男女が、50歳になって2度目の結婚をする際、すでに75歳になる、最初に結婚した相手の存在がある。しかし、もはや夫婦関係を続けることは期待されておらず、ポイ捨てされる。ちょっと悲しい。ただ、25歳、50歳、75歳という年齢はその国や社会情勢、時代によっても違うだろうが、極めて合理的なシステムとも言える。

これを地で行っているのではないかと思えるのが、少年隊のヒガシこと東山紀之(40)だ。女優・内山理名(25)との交際がこのほど明らかになった。15歳の年の差は、不自然というかとってもウラヤマシイ。でもヒガシ、ここに至るまでに実は並々ならぬ苦労があった。大御所女優・森光子(86)の恋のお相手を、十二分につとめ上げたのだ。こっちの年の差は46歳! 親子以上に離れている。



その年齢の不釣合いを感じさせることなく公の場に手をつないで現れるなど、2人の関係はハタから見ても異様だった。「妖怪」とまで言われる森のエネルギッシュさは、ヒガシから若いエキスを吸い取ったために違いない。そして、ドラマ「喰いタン」(日本テレビ系)で主人公の探偵を演じたヒガシは、役柄の大食いだけでなく、悪食でもあった…。

これまでにも牧瀬里穂(35)や深田恭子(24)とのうわさがあったヒガシ。いずれも、森の嫉妬で成就しなかったとされる。2人は結婚しているわけではないから厳密に言えば林氏の学説は当てはまらないかもしれないが、そろそろ森も潮時か? ただ、林氏の説に従えば、2人の年齢差は46歳だから、ヒガシのお相手は彼のさらに46歳下…。まだ生まれてない。内山とも破局の道をたどるのか。森の目の黒いうちは、ヒガシに「悪い虫」を寄せ付けない?

>>芸能ニュース
----------------
AV業界プレスリリース| 芸能ニュース| 時事ニュース| 男女エロニュース
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル