一仕事

[スポンサーPR]
最高気持ちよい

亀頭ちゅぱちゅぱ
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
僕は宗という高校二年の純粋な少年だ…と思う。
僕の高校には可愛くて品のある小澤先生がいる。
でも今は夏休みの最中なので会えないのだが、今日は二者面談があり小澤先生に会えるのだ。
冷暖房が完備された部屋で小澤先生を待っていると、コツコツと足音が聞こえてきた。
ドアが開き、笑顔で小澤先生は来た。
『宗君こんにちは』
『こんにちは』
小澤先生はミニスカにTシャツを着ていた。
『さぁQて宗君、始めましょう』
『はい』
『といってもあなたに言えることは遅刻しないでくらいしか言えないんだけどねww』
実は僕の成績は学年二位であり、運動神経も人並み以上である。
『小、小澤先生』
『何?』
『ブラジャー着てないんですか?』
『うん 着てきてないけど何で?』
『あ…ぃや 何でもありません』
『な〜に?さっきから胸ばっかり見てるけど、見たいの・・』
『べ、べつに好きなほうで』
『分かったよ、見たいんだよね?』
小澤先生は僕の前でいきなりTシャツを脱いだ。
僕は2つのピンク色に言葉を失った。
だってあまりにも綺麗で大きいから…。
『私、最近乳首の上辺りが凝るのよ。だからって揉むと母乳とか沢山出てくるし…揉んでくれない?』
僕は迷いもせずに胸を触った。
----------------
<< <[*] 1 2 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル