浴衣1(女性向け)

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「桜ちゃん?どしたの…」
「!!近寄るな変態!!」
桜は顔を真っ赤にして、薫を見た。
薫が嫌がる桜を無理矢理自分の方へ向けると…
「…わーすごい透けてる」
桜のピンク色をした乳首が、白く薄い浴衣から浮かび上がる。
それはまるで、最初から刺繍されているように美しく妖艶だ。
「こ、こんな恰好で帰れないじゃん!!見ないでよ馬鹿!!」
桜は抵抗するが
「模試に負けたら、下着着けずに白い浴衣で来るっていったじゃん?」
と冷静に反論された。
「とりあえずここじゃ目立つし、神社の奥で乾かそう」
クラスでもスケベで有名な薫と行くのは不安だったが、桜はしかたなくついていく。
林を迂回して神社の奥へ来たが、祭の喧騒が遠い。
その間、桜の手を引く薫は何も言わなかった。
不安になった桜は、
「薫君…もうこの辺でいいよ。後は自分でやるから…」
薫は月明かりの下で、真剣な目で笑う。
「じゃこの辺でいっか…脱ぐの手伝うよ」
え、と桜は思ったが、薫は桜の後ろに立った。
腕を回し、濡れて浮かんだ乳首を撫でる。
「やっ…!!」
腕を振りほどいて走り出すが、すぐに腕を掴まれて羽交い締めにされた。
しかも、
「先っぽ、弱いの??」
耳元で囁かれる。とたんに背中がゾクゾクした。
乳首を爪で撫でるように刺激し、唇で耳に食らいつく。
「あ…はぁっ」
この誘いを受けたときは、桜は乳首を見られることを覚悟していた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル