〜彼女〜

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「やー、チューして取って〜。」
カナが甘えたような声を出してヒロキに言った。
「バカ言うな…。」
ヒロキが指でクリームをすくい取ると、顔から離れる前にカナはその指に食いついた。
「わっ!びっくりした…。」
カナはヒロキの指についたクリームをペロペロ舐めて、まるでフェラチオしてるように指を舐めていた。
「バ…やめろっての…。」
カナはヒロキの指からちゅぽっと音を立てて離れて、
「むふ、気持ち良かったでしょ。」
ヒロキは
「バカ言うなよ…。」
と言いながらタクシーを止めた。
タクシーが目の前に止まる、ヒロキは先に乗り込み行き先を告げた。
「あん、待ってよ。」
カナはクリームのついた指を舐めながらヒロキに続いてタクシーに乗り込んだ。
カナを乗せたのを確認してからタクシーが走り出した。
タクシーを走り出してから2〜3分くらいした頃、カナが急に、
「なんか気持悪くなってきたー…。」
と言い出した。
「え…?車酔い?お前車酔いなんてしたっけ…?」
ヒロキがちょっと疑いながらも訊いた。
「お客さん、大丈夫ですか?」
タクシーの運転手も心配になって訊いてきた。
「あ、大丈夫ですから。ちょっと横にならせておきますので。」
「我慢出来なくなったら言って下さい。」
運転手はミラーから目を逸らして運転に戻った。
「ほら、ちょっと横になってなよ。」
ヒロキはカナの頭を優しく抱えて自分の膝の上に寝かせた。
「ん…。」
カナはヒロキの膝の上で横になった。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル