〜帰郷〜

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
その夏はめずらしく連休らしい休みが取れたので実家に帰る事にした。
電車で3時間ばかり揺られ、5年振りに生まれた町へ降り立つ。
駅前をぐるりと見回してみると、前に訪れた時と殆ど変わらない小さな町並みが目に入った。
「変わらないなぁ…。」
ぽつりと呟いて両親の暮らす家路へとつく。
駅から実家までは1日5本のバスが出ていたが、歩いて30分程度の距離を歩いて帰ることにした。
学生時代によく溜まり場になっていたファーストフード店の前を通り、お使いに行かされたスーパーの前を通り、短い商店街を抜けて田園が左右に見える国道を歩いた。
じりじりと照らす太陽に目を細めて歩いていると、向こうから麦わら帽子に水色のワンピースの自転車に乗った女性が向かってきた。
歩道はそんなに広くなかったので立ち止まって避けようとした時、すれ違い様に自転車の上から、
「あれ?裕希?」
と自分の名を呼ぶ声がして振り返った。
「やっぱり裕希だ!何でこんな所にいるの!?」
女性の声はけたたましく尋ねて来た。
「おお〜、可憐か。久しぶりだなぁ。」
「裕希は就職してから全然帰ってこないし連絡も無いんだから。どう?都会の生活は。」
幼馴染は屈託の無い笑顔で尋ねて来た。
「ああ、何とかかんとかおかげさまでって感じだよ。そっちはどうなんだ?」
「こんな田舎じゃ何も変わらないよ。」
「…まぁ、そうだよな…。」
自分もそう思って田舎を飛び出したので、聞いておきながら何も言えなくなってしまった。
「で、どこいくんだよ?」
「ん、彼氏がね、もうすぐバイトが終わるから待ち合わせ。」
「ぷ、そんなの居るんだ。」
「なんで笑うのよ〜!」
「だってこんなガキの頃から知ってるお前に彼氏とか全然感覚ないからさ。」
裕希は自分の胸に手をかざして身長を表すゼスチャーをした。
「もう、そんな歳じゃないでしょ。」
「確かに。まぁ仲良くやれよ、俺とりあえず帰るわ。」
「うん、休みの間は居るんでしょ?顔出すよ。」
「彼氏に悪いからいいよ。じゃあな。」
「あんたなんて全然そんなんじゃないわよ。じゃあね。」
可憐はひらひらと手を振って自転車を駅の方へと走らせて行った。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル