〜帰郷〜

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロ&即ヌキのAV動画
即ダウンロード⇒登録無料
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
『もう、そんな歳じゃ…ないよな。』
急に成長して見えた幼馴染の言葉が何となく胸に残ったまま、裕希は帰路へとついた。
「ふう、もう食えない…。」
久しぶりに実家に戻ると、もう結構年老いた両親が迎えてくれて気合の入ったご馳走を振舞われた。
別に普段の食事で良かったのにと思いながら、折角用意してくれたご馳走を腹いっぱい詰め込んですっかりダウンしてしまった。
「ちょっと…夜風にでも当たりに行くか…。」
家から3分も歩くとちょっと広めの公園があって、そこは小学生の時は純粋な遊び場で、中学生の時は溜まり場で、高校生の時には見向きもしなくなった場所だった。
入り口から入ってすぐの所にブランコと滑り台とシーソーがあって、その脇にベンチがあり、そこで休もうと思い腰をかけた。
シャツの胸ポケットからタバコを取り出し、1本くわえて火をつけた。
上方に向かってふーっと大きく煙を吐き出し、視線をふと遠くにやった時、奥にあるアスレチック作りの木の大きな滑り台のついた遊具に人影が見えた。
『こんな時間に…誰だろう…。』
何となく気になって、とりあえず火をつけたタバコを吸い終えてからちょっと近くに向かって歩いてみた。
遊具の近くに来た時に、脇に置いてあった自転車が目に入った。見覚えのある自転車だった。
近くに来るとやっと顔がわかったので、何をしてるのかわからなかったけど声をかけてみた。
「可憐…?何してんの…?」
そこには遊具の上で膝を抱えて小さくうずくまっている昼間と同じ格好の幼馴染が居た。
「や…裕希。何でこんな所に居るの…。」
可憐は裕希に声をかけられて、焦って手で目を拭った。
どうやら泣いていたようだ。
「お前…こんな所で、どうしたんだよ。」
可憐の只ならぬ雰囲気を察して、裕希は遊具の上に登った。
可憐は恥ずかしそうに顔を背けて、
「何でもない…。」
と答えた。
裕希は頭をぼりぼりと乱暴に掻いて、
「何でもなくないだろ、お前泣いてるじゃん。」
「何でも…ないったら…。」
「どうしたんだよ、さっき全然普通だったじゃん。泣いてたらわからないぞ、話してみ、な?」
幼馴染の顔を見て、可憐は少し安心したのか、また急にぼろぼろと泣き出してしまった。
しばらくして落ち着いたのか、可憐は少しづつ話だした。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル