〜帰郷〜

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「さっき…、彼氏がバイト終わった時…、バイト先の前で待ってたら…。」
「うん。」
「彼が女の人と出てきたの、そしたら彼、私を見つけた時…。」
「うん。」
「あれ?何してるの?って…。」
「何で…?彼氏なんだろ…?」
「先週メールしてて、それでちょっと恋人みたいにしてみる?って、それだけだったみたい…。」
「なんだそれ…。」
「それで1回だけ…して。それで終わりだったみたい。」
可憐ははにかむようにちょっとだけ笑った。
「遊ばれただけじゃん。」
裕希はちょっと苛々しながら言った。
「そいつどこに居るの?ちょっと言ってきてやろうか。」
結構本気でそう思って聞いてみたが、流石に止められた。
「いいの、どうせ前に好きだった、ずっと好きだった人を忘れられるかなと思っただけで付き合ってみただけなの。」
「でも…。」
「大丈夫よ、だってそこまでしてもらったらもっと忘れられなくなっちゃうから。」
「え…?」
「だから、気にしないで。」
裕希の顔を赤い目で見つめながら可憐が言った。
その言葉の意味する所は馬鹿でもない限り理解出来るだろう。
「お前…、だってそんな事一言も…。」
「言えなかったよ、だってずっと小さい頃からの関係がもし崩れちゃったら嫌だもん。」
可憐は下を向いてぼそっと言った。
声がちょっと震えていて、心なしか悲しそうに聞こえた。
「……。」
裕希も何も言えなくなって、少しの間沈黙が流れた。
昼間ジリジリと照りつけていた太陽もすっかり沈んで、頬を涼しい風が撫でていった。
「ねぇ、都会の生活は楽しい?」
可憐はまたぼそっと、昼間再会した時と同じ事を聞いた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル