〜帰郷〜

[スポンサーPR]
最高気持ちよい

亀頭ちゅぱちゅぱ
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「まぁ…、忙しいよ。毎日仕事に追われて、家に帰っても誰も居ないし。飯もいつも一人だし。」
「そうなんだ。」
「ああ、ちょっとこないだも仕事でヘマしてへこんで、それで気分転換に帰ってこようと思ったんだ。」
「でも、羨ましいな。私、多分死んでもこの町から出られないと思うから。」
悲しそうに小さく膝を抱えてるのを見て胸がどこかチクリとした。
「そんな事ないって。自分で行動を起こせばいつだって自分を変えられる。俺だってそうしてこの町を出たんだから。」
「でも、ここを出る理由も思いつかないし、身寄りもあるわけじゃないし…。」
確かに田舎の町を出るのに、理由も無く出るのは難しい。
大学や就職とかでなら出られるだろうけど、そうでない高卒の家事手伝いでアルバイトみたいな、特に女性の場合では特に難しい。
「だったら…さ。」
「ん…?」
可憐が小首をかしげて裕希の顔を見つめた。
ちょっと目を背けて照れた風に裕希は言った。
「だったら…俺んとこに来る…?」
「え…?」
「こんな田舎に居てもさ、塞ぎ込んで、バイト先で見つけたとかそんなヤツと結婚して一生この町だぞ。」
本当にそう思ったからこの町を出たんだ。
でもその言葉は飲み込んだ。
自分みたいに田舎の生活を全員が全否定しているわけじゃないんだ。
そう思って言葉を選んだ。
「そんな生活が、一生が嫌なら、自分から努力しないと駄目だ。それにお前と一緒なら、」
はっと、自分が何を言ってるのかと思って口をつぐんだ。
可憐は熱く語る裕希の目を見つめたまま止まっていた。
「いや、だから…。ちょっと熱くなった、ごめん…。」
「…ううん、いい。」
また二人にしばしの沈黙が流れ、夜風が髪をさらさらと撫でていった。
「本当に…。」
可憐が下を向いたまま口を開いた。
----------------
<< <[*] 2 3 4 5 6 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
私のパンティ

はじめました。
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル