〜帰郷〜

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「行っても…いいの…?」
「おう。」
「同じ家で一緒に暮らすんだよ?私と、裕希で。」
「おう、そうだな。」
「いいの…?」
「…おう。」
裕希は照れくさい風に答えた。
可憐が見つめてくる視線があまりにも真っ直ぐすぎて耐えられるか自分でも不安だったが、それでも本当にそう思ったから言ったんだと気を強く持った。
「さっき久しぶりに会った時、お前が綺麗になっててびっくりした。お前が彼氏に会うって言った時、何とも言えない気分になった。」
「……うん。」
「お前が、もうそんな歳じゃないって言った時、俺もそう思って…。」
もう自分でも何が言いたいのかわからなくなって、次の台詞が出てこなかった。可憐は裕希の目を真っ直ぐ見つめながら言った。
「裕希のそういう優しい所が昔から好きだったの。ちょっと乱暴な言い方だけど、真っ直ぐで。」
「可憐…。」
「今の関係が崩れるのが嫌だったから、ずっと言えなかったんだけど…。もう裕希もこの町を出て行っちゃったし、今私がここで何を言っても裕希はまた都会に戻るから、今だから言えるよ。」
「……。」
「忘れる為に他の人と付き合ったりもしたけど、やっぱり裕希が好き。ずっと昔から好きだったよ。」
その言葉をずっと昔から知ってる幼馴染の口から聞いて、俺もやっぱりこいつを選ぶんだなと思った。
そして裕希は可憐を抱きしめた。
「可憐、俺もやっぱりお前じゃないと駄目かもしんない。一緒に、俺と一緒に行こう。」
「うん…一緒に連れてって…。」
誰も居ない田舎の夜の公園で、二人は抱きしめあった。
「もううちの親も酒飲んで寝たからさ。うち来いよ。」
「うん…。」
二人はあまり音を立てないようにして静かに裕希の部屋に入り、二人でベッドの上に腰掛けた。
「ちょっと飲み物取ってくる。」
裕希はそう言って階段を降りて行った。
可憐はふと本棚の隙間に薄いアルバムを見つけて手に取って開いてみた。
写真は昔一緒に行った海の写真が貼ってあった。
----------------
<< <[*] 3 4 5 6 7 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロ&即ヌキのAV動画
即ダウンロード⇒登録無料
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル