〜帰郷〜

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「裕希の…可愛い…。」
両手でいとおしそうに裕希のペニスを擦る。
裕希は敏感になっているそこを掴まれて抵抗する事も出来なくなっていた。
「裕希も…気持ち良くしてあげるね…。」
そう言って可憐は裕希のペニスにゆっくり顔を近づけて亀頭の先の割れ目にキスした。
「ふっ…くっ…。」
可憐のぷっくりした温かい唇は、裕希の膨張したそれを包み込んだ。
「可憐…ヤバ…。」
しばらく仕事で忙しくて性欲処理なんて記憶の隅っこから出てくる事もない生活を送っていたので、思ったより、と言うよりも忘れていたくらい溜まっていたものが一気にほとばしりそうになって焦って唇から離れた。
唇から離れる瞬間、ちゅぴっと言う音がして亀頭の先から唇まで唾液の糸が引き、離れると同時にいとおしそうに切れた。
ブラとショーツを脱がせて乳首を吸いながら空いた手でもう片方の乳首を人差し指と中指で挟み込んで愛撫した。
「や…あん…はぅ…。」
しばらくその感触を愉しんだ後、手をゆっくりと下に下ろし可憐の秘部へと手を進入させた。
殆ど陰毛の生えていないそこは、じっとりと温かく湿っていた。
指を1本、その割れ目に沿わせて、そしてゆっくりと進入させてみる。
割れ目は指を拒む事無く丸呑みにした。
「ふぅぅ…んん…。」
切ない声が静かな室内に響いた、可憐は必死に声を殺していたが耐え切れなくて両手で口を塞いだ。
もう良いだろうと思って、可憐の股の間に入り自分のペニスを秘部の割れ目に当てた。
「いくよ…。」
ペニスは温かい肉の壁をゆっくりと押しぬける様に進入していく。
進むたびに可憐の口から苦しいような、快感を堪えているような声が漏れた。
やがて割れ目は裕希の全部を飲み込んだ。
奥まで侵入した所で少しその感触を感じていた。
「すげぇ…あったかい…。何か奥で動いてる…。」
「やぁ…恥ずかしいよ…。」
「動くよ…。」
「うん…いいよ…。」
ゆっくりと動き出した所で、さっきすぐに出てしまいそうだと思った事を思い出して動きを緩めた。
----------------
<< <[*] 5 6 7 8 9 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル