母子相愛。

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
私は、専業主婦の純子42歳。
夫と、息子二人と幸せに暮らしていた。
長男は今年から、県外の大学へ合格し、次男は高校二年になりました。
今日は、高校の運動会があったため振替になり、月曜日なのですが高校は休みでした。
夫は、今日から出張で一週間いません。
私は、息子と二人だけ。
お昼ご飯の片付けを済まし、久しぶりに息子とじっくり話そうと思い、息子を居間に呼びました。
息子は、勉強も運動もそれなりにできる子です。
「最近テストの成績も、あがってきたし、がんばってね」
すると、息子は、ニコッと微笑み。
「うん、兄さんみたいな、すごい大学にはいけないんだけど、精一杯がんばるよ」
と、答えてくれました。
しばらく、話した後、私は、夕飯の買い出しに行きました。
しばらくして、帰宅すると、息子が私の干してある、洗濯物をさわっています。
「な、何してるの?」
息子は、びっくりしながら、
「せ、洗濯物入れようと・・・・。」
私は、一安心。
優しい息子に感謝して、夕飯の調理に取り掛かりました。
翌日、学校に行く息子を見送りました。
昼過ぎに、息子の部屋を掃除しようと入ってみて、私は自分の目を疑いました。
私の無くなっていた、ブラジャー、パンツがあったのです。
しかも、精子がついていました。夕飯の時、私は息子を直視できませんでした。
息子は、何事も無かったように、夕飯を済ませ、自分の部屋に戻って行きました。
「あの子、今日も、自慰やるのかしら」
気になって、私は、こっそり、息子の部屋を覗きました。
息子は、大きくなったチンポを私のパンツで握り、しごいていました。
私は、怒りよりもうれしさが膨らんできました。
いつも、期待に応え勉強、運動に専念し自分の夢に向かってる、息子がやっぱり男の子だったんだねと思いました。
そっと、その場を離れました。
そして、自分の秘部に手をやると、ぐっしょり濡れていました。
いつのまにか、息子に発情していたのです。
----------------
<< <[*] 1 2 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル