婦警さんと恋

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
僕は、市内の高校に通う高校3年生の、喜彦。
いつもの通い馴れた交差点の横断歩道のところに、若い婦警さんが、たっていた。
すごく綺麗な婦警さんだった。
「おはようございます。」
僕が、挨拶すると
「あ、おはよう。気を付けてね」見ると、信号が青になっていた。
軽く、会釈して行くと、婦警さんも優しい笑顔で返してくれた。
その日、授業に集中できなかった。
幸い、自習が多く助かった。
翌朝も、婦警さんが、たっていた。
「おはようございます。毎朝ですか?」
僕が、聞くと頷き。
「うん、そうよ。君いつも挨拶してくれるね」
その笑顔に、またまた魅せられてしまった。
僕が、しばらく見ていると婦警さんは、赤くなってた。
ぼくも、はっとして。
「じゃあ、また。」
自分も赤くなってた。
「あ、気を付けてね。」
綺麗な声が響いた。
翌朝は、婦警さんは、たっていなかった。
どうしたのだろうと思っていたら、
「はぁはぁ、おはよう。今日もはやいね」
振り向くと、婦警さんが、いた。
自然とうれしくなった。
「おはようございます、今日は、どうしたんですか?」
ぼくが、聞くと、
「寝坊助しちゃった。社会人がみっともないね。」
その笑顔が、すごくすごくきれいだった。
僕は、熱い何かが込み上げてきた。思わず、
「綺麗ですね」
その人は、照れていた。
「ありがとね、」
そういいながら、靴が中途半端だったので、片足上げて、直そうとしていた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル