婦警さんと恋

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
スカートがめくれ、ストッキングと、純白のパンツと、マ○コの形が少し見えた。
婦警さんが、顔を上げたので、すかさず目を反らした。
振り返って見ると、婦警さんは、赤くなってた。
僕は、動揺を隠して、学校に向かった。
同い年や、年下に興味ない自分。
いつしか、婦警に恋していた。
やっぱり、年上がいい。
また翌朝、信号のところに行く少し前のところで婦警さんが僕を呼び止めた。
「ちょっと、こっちに。来て。」なんかあったのでは、と心配になった。
「あのー、僕何か違反しましたか?」
すると、婦警さんは、ニコッと笑い
「君、昨日あたしが靴整える時、中腰になって、スカートめくれた時パンツみたでしょ?」
ばれてた。
僕は素直に、気持ちも言おうとおもった。
「はい、すいません。見てしまいました。それに、僕、・・・・婦警さんのことが好きなんです。」すると、婦警さんは、
「ありがとね、私もなんて言うんだろう。好き。」
といい、本アドを教えてくれた。
そんなして、メール交換したり、朝あったり。交際が続き、ある日。
「今日、駅前の交番にきてね。学校がえりに。」
と、メールがきた。
今日は、親がいない、しかも、塾だが、簡単にやすめるから、駅前の交番に向かった。
「あら、早かったわね。まあ、奥の部屋でまってて。」
少しして、
「明美、来たわよ。後はあたしに任せて。ちゃんと見張っておくから。」
「じゃあ、先輩お願いします。」
そして、僕の待ってる部屋に入ってきた。
「メールではげまして、くれてありがとね。今日は、後は先輩に任してあるし。あたしを抱いて。」僕は、ドキドキ固まった。
「緊張しないで、下半身は正直ね。」
婦警さんは、僕のズボンをおろし、チ○ポを舐め始めた。
ジュボジュボ、ジュボジュボジュボジュボ、ジュボジュボ、
我慢強い僕だが、ダメだった。
----------------
<< <[*] 1 2 3 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル