婦警さんと恋

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
婦警さんの口にたっぷり出してしまった。
「す、すいません。我慢できなくて。」
「いいわよ。なんか、熱くなってきた。」
婦警さんが、いったので、僕は、婦警さんを押し倒し。
「今度は、僕の番です。」
脚を開かせた。白い綺麗な太ももだった。
毛は薄めだった。
ストッキング、パンツを脱がし、すると、マ○コはぐっしょり濡れいた。
クリトリスを撫でると、痙攣した。
グチョグチョやらしい音が出た。
「はぁはぁ、・・・・はぁはぁ。気持ちいいわよ。」
僕は、指を三本入れてみた。
「はぁーーんっあ。指じゃなくて、チ○ポ頂戴。」
僕は、下半身裸になり、婦警さんも下半身裸にさせた。
ゆっくりチ○ポを挿入していった。締まりがすごくよかった。
ピストン運動を、始めた。
「はぁはぁ。ふ、婦警さん、気持ちいいです。」
「私も、うっうっ。あぁぁぁん。高校3年の・・・・チ○ポいいわね。」
僕は、我慢できなくて。ついに、「あっあ、どこに出したら。」
「中に、な、なかに出して。
きゃーあ〜いっくぅーーーーっ」
ドピューーーーッ。
ピシャーーー。
二人で、同時に果てた
しばらく抱き合った。
ゆっくりチ○ポを抜いてみた。
精液がドロッと出てきた。
「気持ちよかったです。ありがとうございました。」
「わたしもよ。はあはあ、最高だった。」
五年後のいま、二人は警察官として、夫婦として楽しく充実している。


[モトタイプR箸]
この作品の著作権は「モトタイプR」さんのものです。
----------------
<< <[*] 1 2 3 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロ&即ヌキのAV動画
即ダウンロード⇒登録無料
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル