童貞筆下ろし

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
カリ、筋、玉袋。
初めてのフェラに俺はうっとりとした。
「大きくなってきた。すごい。」亜紀姉さんのフェラに俺はたまらなくなって、
「はあ、・・・・あ、・・・・あぁあぁぁ亜紀姉さんイクッ!!!!!!」
しばらく、オナニーしてなかったため、たっぷりでた。
「はぁはぁ・・・・賢ちゃんすごい。いっぱいでたね。でも、おいしい。」
亜紀姉さんに申し訳ないとおもい、俺は精一杯亜紀姉さんのマ○コを舐め回した。
「ぁん・・・・ぁぁんんっはぁぁん、ああやめ・・・・・きゃぁ〜〜〜〜〜〜っ」
亜紀姉さんが痙攣し、腰をくねらせマ○コから大量の汁がでた。
「亜紀姉さん大丈夫?俺、だめだった?」
「ううん・・・・すっごく気持ちよかった。イっちゃった。」
しばらく、お互いに、はぁはぁいいながら一息ついた。
「賢ちゃん仰向けになって!!!」
俺は言われるままに仰向けになった。ギンギンに勃起したチ○コが天井に向かってたっていた。
亜紀姉さんがおれの上にまたがり、ゆっくりマ○コをおろしてきた。
マ○コに入れる前に、スリスリこすり、ゆっくり挿入していく。
「はぁ・・・・・・賢ちゃんのチ○コがぁ、入ってきた。ぁぁ〜っんっ。今日安全だから、しかもびしょ濡れだから、生でね。」
俺はうなずいた。
亜紀姉さんの中はちょうど良いしめつけ。初めての感触。たまらない。
亜紀姉さんが上下にゆめはじめた。
二人とも
「はぁはぁ・・・・はぁはぁあぁ。気持ちいい。」
気持ち良すぎる。
びちゃびちゃ、ピチャピチャ
チ○コとマ○コが擦れ合う音が部屋に響きわたる。
「中に出していいからね。いっぱいだしてね。はぁはぁ・・・・はぁはぁすごいあたしイク〜〜〜〜っん」
「亜紀姉さん、ヤバイおれも・・・・はぁはぁ出ちゃった。」
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル