僕の初体験は近所のお兄さん

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
始まりは僕が中学ニ年の夏休みでした。
小さい頃からよく遊んでくれていた近所に住む22才のひろ兄といつものようにゲームをして遊んでいると『智、いいもの見せてやるよ』と机の引き出しの中から一枚のDVDを取り出し機械に入れました。
始まりだすとそれはアダルトビデオ、もちろん見た事も無かったし童貞だった僕は、まじまじと画面を見る事は出来ず少しうつむいた感じでいると、ひろ兄が『男だったらみんな見るんだから、恥ずかしくないって』…と言われても心臓はドキドキでアソコも起ってきて、言葉も出てきません。
『智、見てみろよ、フェラチオされると気持ちいいぜ』画面に目をやると、女の人がチンチンをくわえ上下に動いたり舌で舐めまわしています、『気持ち良さそうだろ?』と聞いてきたひろ兄に、『うん』と答えるも僕はもう画面に夢中でした…。
ビデオが終わりまだ興奮状態だった僕に『気持ちいいことしてあげようか?』とひろ兄が小声で言いました。
固まっている僕の手を引き『ここに横になって』とベットの上へ、僕は言われるままにベットに横になると、ひろ兄は僕のズボンを脱がし始めました。
『わわっ』
と慌てる僕に『大丈夫だからじっとしてて』そう言われ僕は天井を見上げたまま少しおびえたようにじっとしていました、パンツも脱がされ下半身丸出しの状態に恥ずかしくて泣きそうでした、『まだ半分しか剥けてないな、智のチンチン』その言葉に顔から火がでそうなくらいでした、ひろ兄は僕のチンチンをつかむと、ゆっくり上下に動かし始めました。
すると自分の意思とは関係なくチンチンは大きくなっていき完全に勃起してしまいました。
『起つとけっこう大きいんだな、智の』
そう言いながらひろ兄の手は僕のチンチンをゆっくり擦り続けています、自分でする時より気持ち良くて僕の息は少し荒くなっていました。
『気持ちいいか?』
と聞かれ小さくうなずく僕を見てひろ兄は少し笑うと、次の瞬間チンチンの先が生暖かい物に包まれました。
僕のを口に含んだひろ兄は舌で先っぽを舐めまわすと、おもわず『うっ』声が出てしまいました。
痺れるような…でも、気持ちよく…初めての感覚です。
ひろ兄は僕のを深くまでくわえ、頭を激しく上下させます、僕の息も次第に荒くなり
『ひろ兄ダメ、もういっちゃうからやめて!』
そう言うと、ひろ兄は更に頭を激しく上下させ、
『あっ、ダメ!出るぅ』
…僕はひろ兄の口の中でいってしまいました。
ドクッドクッと脈を打ちながら精子はひろ兄の口の中へ…
更に手搾られ吸い出されます。
口からチンチンを出したひろ兄は、僕の精子を全部飲み、ぐったりとした僕に
『気持ちよかった?』
と聞いてきました。
僕は小さい声で
『うん』
と答えると、ひろ兄は嬉しそうでした。
『うちの親あさってから3日間、親戚の所に行って俺だけだから泊まりに来いよ』
と言われ、少し照れた感じで
『うん…わかった』
といい、泊まる約束をして帰りました。

第一話 完


[ミュウ箸]
この作品の著作権は「ミュウ」さんのものです。
----------------
<< <[*] 1 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロ&即ヌキのAV動画
即ダウンロード⇒登録無料
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル