〜魔法〜

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
東堂遥は16歳の花の女子校生、ある日学校の帰りに公園で小さなうさぎのぬいぐるみを拾いました。
ところがそのうさぎは何と宇宙からやってきた宇宙人だったのです。
宇宙人は言いました。
「僕の名前はラビP、遥ちゃん、僕を助けてくれてありがとう。ここで出会う事は運命だったんだね。さぁ、このマジカルチャンジブローチで、変身してみて!!」
「…え?」
「そのブローチを胸の前にかざしてこう言うんだ。マジカルチャンジ!!」
「マ…マジカル…チャンジ…?」
その瞬間ブローチからまばゆい光が発され、遥は光に包まれます。
「きゃあー!何!?何!?何なのーー!!」
遥の着ていたセーラー服が分子レベルに分解されて、魔法少女の衣装に再構成されていきます。
もちろん仕組みは全く不明です。
瞬時に変身が完了し、手に持っていたブローチは何時の間にか先に天使の羽のような物が造形されたステッキに姿を変えていました。
「何…何でこんな格好に…。」
「遥ちゃん、今宇宙からこの地球に向かって侵略者がたくさん来てるんだよ、この美しい緑を狙ってね。だから遥ちゃんはマジカルチャンジしてこの地球を平和を守るんだ!!」
「もう…わけわかんない…何で…何で私なのよー!!」
「遥ちゃん、お母さんが大変だ!!」
遥の鞄にぬいぐるみの振りをして入っていたラビPが急に叫びました。「え…ラビP、どうしたの?」
「侵略者の波動を感じたんだ!!駅前に急いで!!」
「わ、ちょ…ちょっとぉ!」
ラビPが遥の鞄から飛び出して駅前に向かって飛び出しました。遥も仕方なく後を追います。
駅前に着くと人々が叫びながら逃げ惑っていました。
「ぐわはははぁぁ!!脆い、何て脆い種族なんだ!!」
大きくて黒い影が見えました、それはまるで仮面○イダーの怪人のようで、マッチョな恐竜みたいな顔の生物でした。
「ひゃぁぁ!!何なのよ、あれ!!」
「データによると…宇宙怪獣ゴドス、洗脳電波を使うから気をつけて。さぁ、マジカルチャンジだよ!!」
「あんなのどうしろって言うのよ!!」
「マジカルチャンジして、チャンジステッキで脳天を一撃するとそこに怪獣は封印されるようになっているんだ、さぁ皆が危ない、変身して!!」
「そんなぁ〜…、マ、マジカル…チャンジ…。」
魔法の変身呪文を唱えると、遥の胸に留めてあったブローチが光だし、瞬時に変身完了です。その光を見て宇宙怪獣がこちらに気付きました。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
私のパンティ

はじめました。
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル