〜魔法〜

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「グルル…何だお前は…。」
「ひ、こっち見た…。」
「遥ちゃん!腰のポーチからマジカルアンカーを出して!」
「な…何それ…?」
「怪獣の足元に投げつけて動きを止めるのさ!!」
「うう…こうかな…えいっ。」
マジカルアンカーか光を放って怪獣の足元に飛んで行き、怪獣の影を縫い付けるように動きを止めました。
「ぐぬ!小癪な小娘!行け地球人共!小娘の息の根を止めろ!」
宇宙怪獣は辺りに居た一般市民を操って遥を襲わせました。
「あっ!!あれは…。」
遥は操られていた人々の中にクラスメートで片思いの啓治君の姿を見つけました。
「け…啓治君が…。」
「ぐふふ、小娘、その小僧が弱点か…、小僧、小娘を襲え!!」
啓治君は怪獣の命令で遥に襲い掛かりました。
「やっ…啓治君、止めて!私が判らないの!?」
「遥ちゃん、変身してる間は特殊なコーティングで正体が判らなくなってるんだよ!!」
「そんな大事な事は最初に言ってよ!!」
啓治君は遥に覆い被さって来ました。
「ぐふふ…小僧、その小娘を辱めてやれ!!」
啓治君の目を虚ろで、怪獣の命令の頷くと、遥の胸元から服を引き裂きました。
「きゃああっ!!」
遥の胸がはだけて、白い肌が露わになりました。
「や…お願い啓治君、目を覚まして…。」
啓治君は遥の声など届かずに、次はスカートを引き剥がしました。
「いい格好だな、小娘。小僧、女の悦びってのを教えてやりな。
啓治君は黙って頷くと、遥の胸を揉み始めました。
「やっ…止めてぇ…。」
啓治君は遥の胸を揉みながら、中指と人差し指で乳首を挟んでコリコリと刺激しました。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル