〜魔法〜

[スポンサーPR]
最高気持ちよい

亀頭ちゅぱちゅぱ
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「あ…んはぁ…。」
片思いの男の子に手出しする事も出来ず、遥は体を駆け抜ける快感に身を悶えさせました。
啓治君は遥の乳首をちゅうちゅうと吸いながら、手は秘部へと伸びていきます。
「やぁ…そこはダメなのぉ…。」
啓治君は遥の太ももを無理やりこじ開けてショーツを引き剥がしました。
「いやぁぁ!!」
遥の叫びは洗脳電波を受けた啓治君の耳には届きません。
「ぐはははああ、いい格好だな小娘。そこ小僧が好きなんだろう?だったら大人しく可愛がってもらいなぁ、ぐはははは。」
怪獣は動けないくせに強気です。
「遥ちゃん…啓治君は洗脳されているんだ、チャンジステッキで脳天に一撃を加えられれば正気に戻るかもしれないよ!!」
遥ちゃんはステッキを握り締めましたが、カタンと地面に落としてしまいました。
「遥ちゃん…。」
「ごめん、ごめんねラビP…私には啓治君の脳天に一撃は…出来ないよ…はぅんっ…。」
啓治君は遥ちゃんの秘部をくちゅくちゅと音を立てて指でかき回しています。
「やっ…んっ…あはぁ…。」
遥ちゃんは啓治君の責めに抵抗する事が出来ず、ただ快楽に堕ちていきます。
「啓治君…、お願い…もう止めて…んん…。」
声は届きません、啓治君は自分のズボンを下ろして遥ちゃんの小さなお口にペニスをねじ込みました。
「はむ…はぷ…。」
遥ちゃんは啓治君のペニスを口一杯にほおばっています。
「小僧、小娘に味あわせてやりなぁ、男の味ってやつをなぁ!!」
その言葉を受けて、啓治君は遥ちゃんのお口の中に射精しました。
「んぶっ…ぷあぁっ…。」
遥ちゃんは啓治君の精液をお口で受け止めて、それを飲み込みました。
「こほっ…げほっ…」
舌が痺れるような味が一杯に拡がって、咳き込んでしまって涙が出てきました。
「啓治君…。」
射精した瞬間啓治君の目に少しだけ輝きが戻りました。
「あ…もしかして…。」
遥ちゃんは何かを思いついたようです。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル