〜魔法〜

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

あの恵比寿マスカッツ在籍
人気AV女優の大量エロ動画
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「遥ちゃんっ!!」
「げははははー!!さっきまで生娘だったのにもう自分から快楽を求めるかぁぁ!!」
「啓治君、お願い、元に…。」
遥ちゃんは啓治君の上になって自分から腰を一生懸命動かして啓治君を刺激しました。
「う…ううう…。」
「んっ、んっ、私も…何かおかしくなっちゃうよぉ…。」
遥ちゃんも絶頂に近づいています。
「う…うううう…うぁぁぁっっ!!」
「ああああっ!!熱いよぉぉ…。」
啓治君の精液が遥ちゃんの膣内に勢い良く射精されました。
その瞬間、
「あれ…、僕は一体何を…。」
啓治君の洗脳が解けました。
やはり射精によってその呪縛が弱まるようです。
「がっ!!小癪な小娘!!何、今一度洗脳すればいい事よ!!」
怪獣が洗脳電波の構えに入った所で。
「遥ちゃん、今だ!!」
ラビPが怪獣の顔面に向かって体当たりをしました。
「ぐばぁっ!!この小兎がぁぁっ!!」
怪獣が一瞬怯んで電波を止まりました。
「常に電波を発していないと洗脳出来ないのが弱点ね!?今がチャンス!!」
遥ちゃんはチャンジステッキを拾い、怪獣に向かって一気に飛び掛りました。
「ぐあ!!ぐぎゃああっっ!!」
「宇宙怪獣ゴドス!!成敗!!」
遥ちゃんの渾身の一撃が怪獣の脳天を直撃しました。
「お…おのれぇぇっ!!」
怪獣は絶叫と共にステッキの中に吸い込まれて行き、ステッキの先に付いていた宝石の中に星がひとつ光りました。
「遥ちゃん!封印成功だよ!!」
「よ…良かったぁぁ…。」
遥ちゃんはその場にへたりこんでしまいました。
----------------
<< <[*] 2 3 4 5 6 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル