★恋愛真っ最中★

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「優心ちゃん。俺…マジでヤバイ…」
「ど…どぅしたんですか??」
すると、宇郷さんは耳元で…
「…スキだよ…」
突然の告白にあたしは固まり、でも嬉しくて…
「…あたしも…」
それしか、返事ができなかった。
その時は二人とも照れて笑いあってた。
その三日後に、初めて、宇郷さんの部屋に行った。
ご飯を作り、それを二人で食べて…。
すごくすごく幸せだった。
お酒をのみながり、DVDをみていた。
少し、酔ってきて、なんかあたしがムズムズしてきた。
隣に坐ってたあたしは宇郷さんの足に頭を乗せて横になってしまった。
宇郷さんは髪をなでてくれて…気持ちよくて寝ちゃいそうだった。
…!!!!!エッ??????
その時、頭に近くになにかを感じた。
それはきっと宇郷さんの…。
あたしは、緊張と不安とで…。
「宇郷さん??」
「なに?」
「今、何か考えてる??」
「えっ!!?…いや…なんも…」
「…宇郷さん…スキだよ…」
その時の顔がすごく色っぽくて我慢ができなかったらしくて、あたしは押し倒された。
「優心…いいの??」
「うん…優しくしてね??」
それが合図のように、二人は唇を重ね合わせた。
いやらしい音が響くなか、あたしは宇郷さんの背中に手を回していた。
宇郷さんは軽いKissからすこしずつ激しく、次は舌を絡ませてきた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル