温泉セックス

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「賢一・・・・大きく・・太い。」
「り、・・梨華、やばいよ・・・・!」
「えっ?イクの?」
どぴゅーーー。
梨華の口の中にだしてしまった。
「うっ!!!。でも、おいしい。賢一の精子だもん。」
梨華は、飲んでくれた。
俺は、梨華をM字開脚にもう一度させた。
「肩の力をぬけよ」
「う、・・うん。」
「俺、お前のことが大大好き」
「あたしも。・・・・賢一お願い。」
ビクッ梨華が身震いした。
チ○コが、押し広げていく。
そして、何かに当たった。
俺は、腰の力を加減し、ゆっくりとおしこんだ。
「あーーーっ。・・・・うっ!!!!!!きやぁ!!!!!!。」
「はあ・・・・賢一、・・・・優しいね。ありがとう。」
「俺の、大事な彼女だろ!!!」
梨華は、うなずき笑顔だった。
少し涙が出ていた。
「どうした?やっぱり、痛かった?大丈夫か?」
「賢一が、優しくて、うれしかったの。まえ、クラスの高田に強引にされそうな時も守ってくれたし、今日も優しくしてくれたから。」
俺は、たまらなくなり、梨華を抱きしめ、ゆっくりとピストンを始めた。
次第に、梨華は息が荒くなってきた。
クチョクチョクチョとやらしい二人の、結合音が露天風呂に響き渡った。
「あーーーっ賢一・・・・いっちゃうーーーっあ。」
「俺もヤバイ。ヤバイヤバイ。」「中にお願い!!!・・・・いっちゃう。出して!!!!!!」
「あっ!!!」
梨華の中に出した。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル