〜嬲〜

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロ&即ヌキのAV動画
即ダウンロード⇒登録無料
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「感じてきたんだろ?ほれ、マ○コ濡れてきたぜ」
「お〜。マジだ。すげぇ〜」
私のアソコをいじっていた男が指を持ち上げ、他の男達に見せる。
そしてその指を私の前で動かしてみせると、指と指の間に液体がすっと糸を引く。
男の手は西日を反射して妖しく光っていた。
そんなに…濡れてるの…?
「俺の指、先生のマン汁で濡れすぎて風呂に入った後みたいになってるぜ…?」
そう言うと男は再び私のアソコに指を差し込んだ。
この男だけ…上手い…。嫌なのに…感じてきちゃう…。
「岡崎ぃ、お前なんでそんな慣れてんだ?」
「お前らと違って俺はもう女抱いたことあるからな」
「まーじで?俺らもヤリてぇ〜」
「先生に、筆下ろししてもらえよ。な、先生?」
男は私に向かって嫌らしい笑みを浮かべ、語りかける。
私は、少しだけアレを欲しがっている自分に気がついた。
「ん…んん…」
私の口にねじ込まれているハンカチは、私の唾液でベトベトになっていた。
息をするのが苦しい。
「お前ら、しっかり抑えてろよ。動かれると入れにくいんだ…」
男はそう言うと自分のソレを私のアソコに押し当てた。
他の男達は力一杯私の手足を押さえつけている。
やめて…。
やめ…ないで…。
自分の思考が段々とわからなくなってくる。
犯されるのは嫌。
だけど、このままやめて欲しくない…。
男のソレを押し当てられた私のアソコがヒクヒクと動いているのが恥ずかしかった。
「じゃ、入れるぜ」
その言葉を聞いて、私の体はまた強張った。
----------------
<< <[*] 2 3 4 5 6 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル