〜嬲〜

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「ん!ん!ん!あっ…!」
私の後ろで挿入している男も、その動きに合わすように腰を動かし始め、徐々に快感の波が私に押し寄せてきた。
「感じてるな…先生…我慢しなくていいんだぜぇ?」
岡崎がペニスをしゃぶる私の耳元に息を吹きかけながらそう呟く。
私は何も言わない。
「先生が物足りないらしいぜ?西田、可愛がってやれよ。胸は誰もいじってねぇからな下からできるだろ」
西田は無言で頷き、私の胸を舌でなぞり始めた。
口、乳首、アソコの3カ所を同時に責められると、こんなことを考えている余裕もなくなってくる。
息遣いが荒くなっているのを隠すのも、もうだいぶ前から忘れていた。
「んっ…あ…んん…」
自然と喘ぎ声も我慢できなくなってゆく。
ペニスを咥える口の隙間から声が洩れる。
「は…もう…俺イキそうだ…」
後から突いていた男が掠れた声でそう洩らす。
「おい、後が面倒だから中に出すなよ!」
岡崎がそう言う。
と同時に私の背中に生暖かい液体の感触があった。
「ハァ…ハァ…最高…」
そう言うと男はその場にへたり込んだ。
確かにそれほど下手じゃなかったけど、それでも私は全然イッてない。
「じゃ、次は俺がやるか」
そう言うと岡崎が再び私の中に入ってきた。
「はぁぁん!!」
思わず私の口から大きな喘ぎ声が洩れた。
四人は一斉にニヤリと笑う。
「あれ…先生、凄い感じてるんだ」
誰かが言う。
「じゃ、もっと一斉にやろうぜ。こうするからよっ!」
そう言うと岡崎は私の体を持ち上げ、私は彼の体の上に跨る体勢になる。
「こうすりゃフェラもしやすいだろ?先生」
岡崎がそう言うと、今までフェラさせていた男と、それと西田が私の前にペニスを突き出す。
----------------
<< <[*] 5 6 7 8 9 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル