〜嬲〜

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「おい、北村、今度は俺の番だよ」
「同時にしてもらえばいいだろ…ほら、ほら」
そう言うと北村は私の顔をペニスで叩く。
私はゆっくり舌を伸ばして彼のペニスを舐める。
「先生、俺も…」
私は何も考えないままに彼のペニスも交互に舌を這わせていく。
下からは岡崎が突き上げてくる。
気持ち…いい。
「じゃ、俺は胸しゃぶる…柔らかくて気持ちいいんだよなぁ」
最後に残っていた…名前がわからないけど…男が私の乳首を吸う。
乳首はピンと立って、私の体はビクビクと震え始めた。
「っ…ハァ…あぁん…」
私はもうすっかり快感に酔っていた。
四人同時にされたことなんか今までなかったし、他の男はあまり上手くないけれど、岡崎だけは女の感じるポイントをわかっているから彼とのSEXは気持ちいい。
「もっと気持ち良くして…」
私の声に岡崎は更に激しく下から突き上げた。
私は夢中で目の前に差し出されているペニスをむしゃぶる。
「ぅ…出る…!」
先ず最初に西田が達した。
私の顔を青臭い精液で汚す。
私はぺろりとその精液を舐めると、北村のペニスを咥え込んだ。
チュパチュパと音を立てて舐め上げる。
舌を絡め、吸う。
すると北村は無言で私の口の中に精液を発射した。
私は口の中の精液を床に吐き出す。
「先生…本当にエロいんだな…。それが本性?」
岡崎が笑いながら言う。
「下手くそちゃんたちの相手は飽きちゃったのよ…。悔しかったら私をイかせてみせて…」
----------------
<< <[*] 5 6 7 8 9 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
エロミルGOLD

あの恵比寿マスカッツ在籍
人気AV女優の大量エロ動画
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル