初エッチ

[スポンサーPR]
最高気持ちよい

亀頭ちゅぱちゅぱ
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「ンッ…」
そしてさっきよりもディープなキスをしてきた。
びっくりして彼が伸ばしてきた手を掴んでしまったが、気持ち良くて払いのける意思わ到底なかった。
そのうち首乳を口に含み肩に回していた手をもう片方の胸に持っていった。
胸がキュンってなった。
部屋がとても明るいのも忘れ、目を閉じて全てを彼にゆだねた。
気付いたらバスローブの前わ全部はだけていてパンツに手が伸びてきた。
「ンンッ…」
少し緊張してしまったが、パンツの上から優しく撫でられて濡れるのが自分でもわかった。
そしてキスをしながらパンツの中に手が入って割れ目に沿って手を滑らせた。
彼わ私が濡れているのに気付いて、ふッと笑って
「気持ちい?」
と優しい声で聞いてきた。
話そうとすると声をあげてしまいそうで、頷くことしかできなかった。
彼わ微笑んで耳を舐めてきた。
私の弱点だ。
「ひゃァァッ」
思わず声をあげてしまった。
すると私の身体を攻める全ての動きが激しくなってきた。
「あッ…」
首乳を強めに摘まみながら下ヵラ揉み、口で耳や首筋を舐め回し、パンツの中の指わあそこに挿入しじっくりと、そして時に早く掻き回し、クリも同時に攻めた。
身体が勝手に身悶えてしまう。
「ヤッ…ダメェ!!!!」
もう胸キュンの連続で私わイッてしまった。
彼わぐったりしている私をお姫様抱っこしてベッドへ連れて行き優しく寝かせてキスをした。
「電気消そ?」
私がお願いしたら
一番大きい電気をひとつだけ消してくれた。
ムードゎあるけどけれどこれぢゃぁ丸見えで今さら恥ずかしくなってきた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル