熟女とセックス。

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

あの恵比寿マスカッツ在籍
人気AV女優の大量エロ動画
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「あ、佳祐君?そんなにかしこまらなくていいわよ。あたし、離婚して一人暮らしだから。」
「ところで、なんかあったんですか?電話もらったみたいで。」
「あ、うん。まぁ・・・・・大したようじゃないんだけど。佳祐君のアドレス知りたくて。」
そういうこと、だったので俺は、携帯の番号とアドレスを教えた。赤星さんも、教えてくれた。
母さんと、父さんが食卓へ入るとにやけていた。
「お前。彼女できたのか? えっ?どんなひとだ?」
「違うよ、バイト先の人。連絡網作るために、俺の携帯の番号が必要だったから電話があっただけだよ。」
二人共に、なーんだという表情に変わった。
その日、疲れたので風呂に入り寝た。
しかし、胸騒ぎがして起きた。
時計を見ると、午前3時。
なんとなく、携帯を見ると着信があった。
赤星さんからだった。
『朝早くにごめんね。ちょっと眠れなくて。メールしちゃいました。』
俺は、すぐ返事をした。
『かまわないですよ。僕も眠れなくて、どうしようか、こまってて。』
送信した。
すると、電話がかかってきた。
「こんばんは、っていうかおはようかな?佳祐君。」
「赤星さん?おはようございます。」
「グスン・・、ごめんね。
佳祐君優しいのね。」
泣いて、いるようだった。
それから、二時間赤星さんは泣きながら話した。
離婚したこと、つらいこと、いろいろ話した。
「長くなってごめんね。ありがとう!グスン。今日また、バイトでね。」
時計を見ると、もう午前5時。
俺は、ベッドから抜けシャワーを浴びて、学校に行く準備をして、いつもより、早く学校に行った。そして、バイトの時間になった。「あ、佳祐君来たね。しっかりね。今朝はありがとう!。」
「大丈夫ですよ。気にしないでくださいね。電話、。」
赤星さんは、頷き仕事場のレジに行った。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル