熟女とセックス。

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
今日、荷物の多い日だったから、終わったのは、午後10時だった。両親に電話したら、両親も今日は忙しく、大変だったので自分でご飯食べてと言われた。両親も出かけてるらしい。
そんな時、
「家にくる?あたしの料理食べて。」
「いいんですか?じゃあ、お言葉に甘えます」
車で、15分程の所に赤星さんの家があった。
なかなかきれいな家だった。
「お邪魔しまーす。きれいな家ですね」
「そう?あ、お腹空いてるでしょ、ご飯食べて、」
赤星さんと向かい合いながら食べた。
カバンに入れていた、学校のジャージを着替えに、風呂に入った。なかなか大きい風呂だった。
旦那さんが、慰謝料代わりにくれた家だから、いろいろきれいな家だ。
「お湯熱くない?大丈夫?」
「はい、大丈夫です。」
すりガラスの向こう側に、赤星さんの姿が見えた。
ドキドキした。
すると、赤星さんは服を脱ぎ始めた。着替えだと、思って気にしないでいた。
「佳祐君・・・・・。入っていい?」
「えっ!?。えぇ、赤星さんが俺の見えても構わないなら。」
俺は、ドアに背を向けた。
ガチャ。ドアが開き、赤星さんが入ってきた。体を湯であらい、湯船に入ってきた。
「ねぇ・・・・・。」
赤星さんが俺の背後にゆっくり来て、肩に手をのせて胸を俺の背中に当てた。
「はい・・・・・どうしました?」
「こっち向いて。あたし・・・・・寂しいの・・・・・。」
俺は向かい合った。赤星さんは凄く綺麗だった。
見とれていると、赤星さんが、目を瞑り、口を付けてきた。
俺は、たまらず赤星さんの口に合わした。
「ン!ンハ。」
お互いに、口に舌を入れ絡ませた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル