熟女とセックス。

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
ぴちゃぴちゃ。
風呂場に音が響いた。
口を離すと、だらっと唾液が流れた。
「佳祐君・・・・・やっぱり優しいのね。主人とは、こんなキスできなかった。」
「えっ!?本当ですか?・・・・・よかった。」
沈黙が流れた。
自然と抱き合った。
湯船から、上がり、もう一度キスをした。
「佳祐君・・・・・あたし・・・・・あたし・・・・・好きなの。」
「えっ!?・・・・・実は・・僕も好きなんです」
「じゃあ・・・・・セックスしよ!」
俺は、豊満な胸をむしゃぶりジュパジュパ
「ハァ、ハァンァ。佳祐君・・・・・。」
「赤星さん!座って。」
俺は、風呂の椅子に座らせ、赤星さんの足を肩にのせて、マ○コにむしゃぶりついた、
「あぁ・・・・・ンァンァ。凄い、マ○コがぁ」
赤星さんは、恍惚の表情をみせて痙攣し、潮を吹いて果てた。
俺は、潮を洗い流した。
「ンァ・佳祐君・・・・・ごめんね。次はあたしよ。」
「えっ!?・・・・・。」
そう言っているまに、俺は、赤星さんに椅子に座らせられた。
赤星さんは、俺の足を開いた。
俺のチ○コは起ち、ビンビンになり赤星さんはそれを見て、
「下半身は正直なのね。でも、高校3年のチ○コってもう大人ね。」
赤星さんは、くわえた。ゆっくり上下に動かした。
口から出して、手コキして俺はたまらなくなった。
赤星さんが、口にくわえ上下運動した。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル