ナンパ

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
夜も更けた週末の繁華街で友達と飲んで解散になったその後、帰るのもまだもったいないなと思って回りを見渡した。
周りは喧騒に溢れ、夜はまだまだこれからという雰囲気だ。
さてどうしようか、夜空いてる友達にでも電話して呼び出そうかと色々思案している所に、ふと一人で、何か寂しそうに見える女の子が目に入った。
いつも遊んでいる友達ではなく、たまには違う刺激でもと思って、ダメ元で声でもかけてみようかと思った。
とりあえず遠巻きから数分間見ていた感じ、時計を気にしている風でもなく、周りをきょろきょろと見ている風でもなく、ただ一人でそこにいるような感じだった。
ナンパ待ちに見えるって事もないけど、男は度胸って事で話し掛けてみる事にした。
「こんばんわ、ねぇ、一人?」
ナンパなので軽い感じで話し掛けてみた。
「……。」
女の子は返事をしなかった。
「俺も今一人なんだけど、良かったらどこか遊びに行かない?」
「……。」
返事は無かったが顔がこっちを向いた。じっとこちらの目を見つめてくる。
良く見ると、俯いていた時は判らなかったけど、顔立ちは綺麗で目が大きい。
真っ黒な髪が肩の下まで伸びていて、白いダウンジャケットが映える。
俺は微動だにしないで見つめてくるその視線に、こっちが逆に圧倒されてしまった。
「あの…。」
どうして良いか判らずに二の句が告げなくなってしまった。
早くこの空気から逃れたいと思い、
「ごめん、いきなり声かけて、じゃあ…。」
とバツが悪そうにその場から離れる事にした。
「ふぅ…、なんだろ、あの子…。」
数歩離れてから溜息をついて煙草に火を点けた。
一人目からあんなのじゃやる気も失せてしまうと思いつつ、暗い空に向かって白い煙を吐いた。
もう1回煙草に口をつけて吸い込んだ瞬間、コートのフードを後ろから捕まれて引っ張られた。
「むあっ!!」
後ろに引っ張られてコケそうになった。
振り返るとさっき話し掛けた女の子が、俺のフードを掴んだままで下を向いて立っていた。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル