ナンパ

[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「え…あ…あの…何…?」
何か悪い事でもしたのかと思ったが思い当たる節が無い。
「何か…悪いことでもしたかな…。」
女の子はふるふると首を振った。
「えっと…。」
何か話してくるわけでもなく、どうして良いものかわからない。
「参ったな…。」
その時、女の子がボソっと一言口にした。
「お腹空いた。」
「…飯でも食う?」
明るいところに行くと、女の子は結構若い感じだ。見た感じまだ10代だろう。
援助交際とかしてる風に見えないだろうなと少し心配になりながら、メニューを注文した。
注文の時も、女の子に何が食べたいか聞くと、メニューを指差したものを注文してあげた感じだ。
とりあえずビールを頼んで、それを飲みながらちらっと見ると、オレンンジジュースのグラスの表面をじっと見ながらストローを吸っていた。
話が進まない感じなので、こっちからちょっと話を振ってみる事にした。
「ねぇ、何て名前?俺は涼って言うんだ。」
女の子はストローからちょっと口を離して、
「美宇。」
と言った。
「美宇ちゃんか。可愛い名前だね。」
初めて会う女の子に使ういつもの手だが、今回ばっかりは反応が寂しい。
美宇はまたストローに口をつけてオレンジジュースをすすり始めた。
会話が進まないままメニューが運ばれてきた。
さっき居酒屋で散々食べたおかげで全く腹は減っていなかったので、鳥の軟骨揚げみたいなのをつまみながらぽりぽりと食べていた。
美宇はお腹が空いていたらしく、おにぎりとか鶏肉のから揚げとかを黙々と食べていた。
大方食べ終わった頃に、追加でビールを頼んだ。
美宇はまたオレンジジュースを頼んでいた。
食事を終えて居酒屋から出て、さてどうしたものかと考える。
このまま置いて帰っても何の関係も無いんだろうが、こんな真夜中に一人置いて行くのも気が引けるのも事実。
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル