ナンパ

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

あの恵比寿マスカッツ在籍
人気AV女優の大量エロ動画
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
「ねぇ、家とか帰らないの?」
美宇はこっちをじっと見た。
「あの…もう時間も遅いし…家の人が心配するよ…?」
「家なんてないもん。」
「え?」
そう言ってぷいっと後ろを向いて、そのまますたすたと歩き始めてしまった。
「あ…。」
何と言って声をかければ良かったのか判らなかったし、別に今日さっきたまたまあそこで会って飯を食わせただけの女の子とは何の関係も無い。
そう思うと二の句が告げなくて、そのまま煙草に火を点けてそこに座り込んだ。
そこでしばらく、あの娘はどうしたのかと思いながら煙草を2本吸って、時計を見ると終電がギリギリの時間だったので帰ることにした。
「よいしょっと。」
立ち上がってパンパンとズボンを叩いて駅に向かって歩き出す。
さっき美宇と出会った場所を通らないと改札へは行けないので、通り掛るついでにちらっとさっき座ってた所を見た。
「あ…何やってんだ、あの子。」
見ると、明らかに酔っ払った太ったオヤジが美宇にしつこく迫っている。
美宇の腕を掴んでどこかに連れて行こうとしているみたいだ。
俺はそこへ駆け寄り、
「あのね…こんな時間にあんな所に一人で居たらあぶないでしょ。」
俺は少し離れた場所まで美宇を連れ出した。
美宇は俺の顔を見た後に、俺が引っ張っていた手を見た。
「あ、ごめん…。」
急いで手を離す。
「とにかく、あんな所に夜中に女の子が一人で居たらだめだよ、家に帰りなさい。」
美宇はぷいっと後ろを向いて、
「家なんてないもん。」
とさっきと同じ事を言った。
「あのねぇ、だってその今着てる服だって、自分で働いて買ったわけじゃないでしょ?」
「……。」
「あぶないから、ほら、ね。」
----------------
<< <[*] 1 2 3 4 5 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル