ナンパ

[スポンサーPR]
エロミルGOLD

激エロAVの為くれぐれも
ヌキ過ぎにご注意下さい!!
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
美宇が俺のコートのフードを掴んで下を向いていた。
「もう勘弁してくれよ…。」
俺はコートのフードを掴まれたままで落胆した。
「もうわかったよ、降参。どうしたい?」
もう観念してこの子に付き合うしかないと諦めた。
あそこで出会ったのも声をかけたのも、全て運命が引き寄せたんだ。
今日はこの子に付き合ってあげなさいと神様が俺に言ったんだ。
多分…。
「今日は家には帰りたくないんだろ?じゃあ朝までは付き合ってやるから、それからは自分で考えてよ。」
そう言うと、美宇はこくんと頷いた。
「じゃ、朝までどうする?カラオケかファミレスでも行く?」
美宇はふるふると首を振った。
「え、それ以外で朝まで過ごせる場所なんて…ああ、ネット喫茶かまんが喫茶にでも行こうか?」
美宇はまたふるふると首を振った。
「それ以外に…後は…。」
ここは繁華街の外れの方であるが故に、週末には満室のサインが煌々と光る建物がある。
その建物群の中のひとつが目に入った。
ネオンが輝いていて、『休憩5000円、宿泊10000円』と書いてあった。
俺はその場にしゃがみ込み、
「バカ、俺のバカ!!こんな若い子を連れてあんな所に行こうなんて有り得ない!!」
と自分の頭をボカボカ殴った。
すると美宇が、
「あそこ。」
と指を差した。
「え…あそこって…何する所か知ってて言ってるの…?」
指差した先のホテルは、週末なのに満室のライトが点灯しておらず、狙ったようにここに居るのではないかという気さえする。
「朝までゆっくり過ごすなら一番、入ろ。」
そう言って美宇はすたすたと中に入って行ってしまった。
----------------
<< <[*] 3 4 5 6 7 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル