ナンパ

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
俺は飲んでいたドリンクをぶばっと噴出して、しかもそれが気管に入って激しくむせた。
「げほっ!!げほっ、な、何言ってんの!?」
美宇はきょとんとした感じで小首をかしげて、
「だってホテルに来て何もしないって事はないでしょ?」
「いや…まぁそうだけども…。」
「だからお風呂に入ってきて。」
美宇はそう言って、裸のままでベッドに潜った。
「ちょ…。」
何故か反論したり逆らったり出来ない。
「そして何故俺は言われるままに風呂に入ってるんだろう…。」
頭からシャワーを浴びながら壁に両手を付いてうな垂れる。
「正確な歳は聞いていないからわからないけど…多分20歳は行ってない…よなぁ…。」
言われるままに風呂に入って、言われるままにあの子と寝るのか。
「いかんいかん!!平常心を保つんだ…。」
一応体を綺麗に洗って、それから気合を入れなおして風呂から出た。
しかし俺も男だ、目の前に裸の女がゴロゴロしてて、それで何も無しなんて、自分を抑えられるのか?
先ほどから繰り返される自問自答、答えは無理矢理消していた気がする。
「いかん!いかんぞ俺!!そうだ、俺は武士だ。侍だ。武士は食わねど高楊枝!!」
とうとう思考が壊れてきて、自分を変な暗示にかけ始める始末である。
そんな事を考えながら部屋の方に戻ると視界に美宇のアソコが真正面に飛び込んで来た。
「ぶっ!!」
思わず吹き出す。
「ちょっと、裸のままでいたら風邪引いちゃうよ…。」
強く言えないのが情けないところである。
美宇は頭だけでこっちを向いて、
「だって、どうせすぐ脱ぐじゃない。」
と答えた。
「いや…誰も君とセックスするとは言ってないでしょ…服着てよ…。」
「え、セックスしないの?」
----------------
<< <[*] 5 6 7 8 9 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル