義理お父様

[スポンサーPR]
最高気持ちよい

亀頭ちゅぱちゅぱ
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
主人は単身赴任で月に一度戻ってきては、私を一日中抱く。
30代半ばの主人は性欲が強く、寂しかっただろ〜と言って一日中弄ぶ。
私は一回り年上で女盛。
だけど、寂しくなんかない。
主人の父親と寂しさを紛らわしてるのだ。
「明美さん、家事も重労働だろ。肩でも揉んでやろうか。」
と、ある日突然言ってきた。
「まぁ、お父さんに揉んでもらうなんていいのかしら。」
「かまわんよ。隣の白木さんとこも、嫁のマッサージよくするらしいから。嫁さんは大事にしなきゃな。」
「白木さんとこが」
「こってるなぁ。胸が大きいからかな」
と言って方を揉みながら胸を覗き込んできた。
「やだお父さん、大きい方じゃありませんよわたしは。」
「息子が羨ましいよ。毎月帰ってきては一日中なめまわして。おとといは明美さんも激しかったな。」
「お父さんいらしたんですか」
「全部見てたよ。ずいぶん腰を動かしてたね。明美さんが、あんなにスキモノだとは知らなかったよ。」
何も言えなくなり赤くなった。
「気にすることはないよ。女盛だ。ただ、月に一度じゃものたらんだろうと思ってね。私も協力しようと思って。」
胸を後ろから両手で揉み始めた。耳を舐めながら
「私は息子よりうまいぞ。可愛がってやるから。抵抗しないで、気持ちよくなりなさい。」
私は耳が異常に弱く言われなくても抵抗できなかった。シャツはめくられ、ブラジャーから乳首は出されいじられていた。
「アン…」
「いい胸だ。しゃぶりつきたくなるよ。」
「お父さん…アッ…」
音をたてて乳首にすいつく。
感じないわけがない。あ
そこはもうグチュグチュなのがわかった。
胸を長くすわれてると気が遠くなるくらい気持ちよくなった。
「そろそろあそこも味見しようかの。」
----------------
<< <[*] 1 2 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル