恐怖のS責め1

[スポンサーPR]
パッケージで勃起…

きた!コレがアツい
----------------
アダルト動画サイト エロミル > 官能小説 > 詳細
----------------
それから二時間程経った頃その男性は「里沙ちゃん今日はこれで」と言って席を立ち出口に向かい「奈緒ちゃんまたね」と私を見て言った。
里沙が「行ってらっしゃいませご主人様」と言ってドアのところで見送り私も慌てて「行ってらっしゃいませご主人様」と言った。
そして夜8時、オーナーに事務室に来るように言われた私は何か注意でもされるのかと少し緊張しながらドアを軽くノックした。
中から「どうぞ入って」と声がした。
私はドアを開け「失礼します」と言って中に入った。
オーナーがデスクの椅子に座りながら「今日はお疲れ様!どうだいメイド初日の感想は?」と聞かれたので私は「なっ、なんか夢中で…」と言うと
「疲れた?」
「あー少しだけ」と私が答えると
「大丈夫だよ慣れたらきっと楽しくなるから…じぁ明日も今日と同じ時間でいいかな?」「あっ、はい」
「じゃ、今日はもうあがっていいよ」
「はい!ではお先に失礼します」ペコリと頭を下げ先輩達にも挨拶をして緊張の一日が終わった。
家に帰って食事を済ませシャワーをして部屋のベットにゴロンと横になりながら今日一日の事を思い出していた。
そして黙って英字新聞を読んでいたあの男の人の事を考えていた。
目鼻だちの整った品の良い顔、優しそうな笑顔を思い出すとなぜか胸がキュンとした。

つづく

[ナオリン箸]
この作品の著作権は「ナオリン」さんのものです。
----------------
<< <[*] 1 2 3 [#]> >>
----------------
>>官能小説一覧
----------------
[スポンサーPR]
ヒメカノホール

イク性器
----------------
エロミルコンテンツ
アダルト動画 エロミルTOP
ヘルプ一覧/U投稿コーナー
AV撮影レポ/風俗体験レポ
毎日更新AV/素人動画
DMM動画
官能小説/グラビアコーナー
オリジナル動画/エロミル掲示板
実体験漫画/過去コンテンツ
エロミルサイトマップ
不具合はご報告下さい
メールで報告する

姉妹サイト
アダルト通販AVGET
エロ動画サイトエロミルG
アダルト動画 エロミルTOP
上へ/メニュー

(C)無料アダルト動画 エロミル